◆キャラクター別データ


【斎藤一(さいとうはじめ)】

「 壬生狼 」 と恐れられていた元新選組三番隊組長。
作中では新撰組最強として語られていて、剣心と互角の剣腕を誇る。

幕末の動乱で新選組の隊員がほとんど死に絶えた中で生き残り、
「 藤田五郎 」 と名を変えて警部補の役職につき、密偵となっていた。

幕末時代からの剣心のライバルで、唯一剣心と決着のつかなかった人物でもある。
必殺技は 「 牙突(がとつ) 」 。
想像力・洞察力に優れ、宇水との対戦時にはその心眼の正体を容易に見抜いた。
「 悪・即・斬 」 という信念のもと明治になった今でも
明治に生き残った新撰組の一員として、その信念を貫いている。



▲TOP


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット